【種子】はたはったん(水稲うるち米系/交配種)のタネ

自然農法センター

通常価格 ¥2,500

税込

自然農法水田で自然交雑した自生株の中から、穂が大きく草丈の高い偏穂重型の系統を無肥料栽培条件で選抜。コシヒカリに比べ、出穂がやや遅いため、近年頻発する高温登熟障害による白未熟粒の発生が軽減されます。玄米はやや小粒で、食味値がやや高く、甘味があり、粘りが少ないすっきりした味わいです。栽培適地はコシヒカリが中生として栽培される地域に適します。

・自然農法水田で自然交雑した自生株の中から、コシヒカリより穂が大きく草丈の高い系統を無肥料栽培条件で選抜。
・高温登熟障害の発生が著しい地域でも、コシヒカリに比べ出穂がやや遅く、白未熟粒の発生が抑えられる。
・コシヒカリに比べ少肥でも収量性が高い。出穂がやや遅く、稈が長く籾数の多い穂重型品種で玄米はやや小粒。
・コシヒカリに比べ食味値がやや高く、同等の甘味があり、粘りが少ないすっきりした味わい。